電子定款による認証

電子定款とは

会社を設立する場合、必須の手続きとして定款の作成があります。
通常、作成された定款は、紙によるプリントアウトの後、綴られます。

その後、公証人による認証を受けるわけですが、この場合、紙により作成された定款には収入印紙の貼付が必要となります。その際、定款に貼付しなければならない収入印紙の金額は4万円です。

電子定款とは、従来、紙により作成されてきた定款を電子ファイル化したものです。
この電子ファイルを公証人との間で電子送信し、定款の認証を受けることになります。

この際、電子ファイルにより作成された定款は紙による媒体ではありませんので、従来必要とされていた収入印紙代金4万円が必要ではなくなります。

この収入印紙代金を負担しなくても良い、というのが電子定款を利用する最大のメリットなのです。

電子定款を利用するには

定款を電子定款として有効に作成することは、誰にでも気軽にできるというわけではありません。

なぜなら電子定款を有効に作成するには、相応の設備を必要とするからです。

この設備を導入するには5万円程度の費用がかかるため、個人の方がたった一度の定款作成のためにわざわざ費用を支出して設備を整えることは非現実的です。

このため、個人の方は収入印紙代金4万円を節約することを目的に、電子定款による認証手続きを利用するということは現実的には不可能なのです。

電子定款による認証手続きはおまかせください

当事務所は電子定款を作成する設備を備えた、電子定款対応事務所です。

当事務所をご利用いただくことにより、お客さまの定款を電子ファイルにて有効に作成します。
そのため、収入印紙代金をお客さまにご負担いただくことはありません。

株式会社設立のご依頼を頂いたお客さまには、電子定款による認証が標準サービスとなっております。
また、定款の認証手続きのみを電子定款にて対応してもらいたいといったご依頼もお受けしております。

定款の作成、認証に関しご不明な点がある場合は、どうぞお気軽にお問い合わせください。